.

クレカを持っていると毎月加入会社から明細書が送られてきます。

それらの利用明細を見るよう習慣づけていればどこで何月何日にどんな物にクレカでいくら使ったのかという細かな内容が一覧表になっているため、そのクレジットカードを利用したリストを見ることが非常にたやすく実用的でもあります。

代わりとするのはちょっと難しいと感じるかもしれませんが、ミニ出納帳のようなものにまとめることも面白いし貯金管理の味方にもなるはずです。

なお上記の利用明細書の通知があってからおおむね一か月後経つか経たないかで決済金額の支払いがされます。

だから届いたクレカ利用代金明細をよく注意していて、覚えのない項目、例えばもし行ったこともない場所が明細に載っていたら、電話をして尋ねればいい場合が多いでしょう。

それで偽造による乱用などといったありえない支払いが確認されたようであっても、クレカ利用者に責任がないならば多くの状況はカード会社がそのような決済を免除してくれます。

最近ではこの価値の高いご利用明細をWEB上で照会できるクレカが一般的です。

どのショップでどんな商品を利用したか確認しておく方法で不正を未然に防止することはもちろん、出納帳代わりにもぴったりで資産管理等も一度にできてしまいます(パソコン画面でクレカの履歴を見ることがOKな会社は以前の決済履歴やリボ払い適用の有無等が閲覧できます)。

クレカはこのような面でも十二分に力になる道具だと言えます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.