.

民事再生はマンション等のローンがある多重の債務に悩むひとを対象とした、マンションを維持したまま金銭的に立ち直っていくための公の機関を通した債務を整理する処理方法として施行された解決方法です。破産と違って免責不許可となる要素はないために投機などで借金をしたような場合でも民事再生は選択可能ですし、破産申告をすれば業務禁止になるような立場で働いている場合などでも制度の活用が可能です。破産の場合は住んでいるマンションを手放さないことは無理ですし、特定調停等では、やはり元金は払っていくことが求められますので、住宅ローン等も返しながら完済するのは実際問題として困難だと思われます。ですが、民事再生による処理を取ることができれば、住宅のローンを除いた負債については十分なお金を圧縮することも可能なため余裕をもって住宅のためのローンを支払いつつそれ以外の借入金を返済し続けることもできるということになります。いっぽうで、民事再生という選択肢は任意整理による処理特定調停といった方法と違い一部分の債務だけを除外して手続きを行うことは許されませんし、自己破産に適用されるように借り入れ金自体がなくなってしまうということでもありません。それから、それ以外の解決策に比べ処理が簡単には進まず時間もかかりますので住宅ローンなどを組んでいて住宅を手放したくないような場合等を除き、破産申告など他の方法がない時の限定された手段と考えるのがいいと思います。

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.