.

任意整理は一般に負債整理というふうにも言われ、おのおのの債権を持つものへの返済を継続していくことを前提とした債務の整理の形です。普通の流れですが、司法書士有資格者や弁護士事務所債権を持つものと借り手との間に入って相談し合い利息を定める法律に照らして利息の再考慮を行ってもう一度計算しなおした元金について金利を少なくする方法によって3年程度の期日をめどに返済していく借金整理の手順です。この場合は各裁判所といった国の機関が関与しませんのでそれ以外の選択肢と比較して採用した場合におけるデメリットが小さく方策自体が依頼者にあまり問題にならないので、真っ先に比較検討してほしい手順だといえます。または、貸方が街金に類するとても高い借入金利ならば利息制限法という法律で決まっている金利などに加えて払った利息にあたっては借りたお金の元金に充てられると判断し借金の元金そのものを減額することだってできます。だから、消費者金融のような高額な金利を取るところへある程度の期間返済してきたケースならかなりの金利分を減らせるようなこともありますし十数年返してきた例だと元金そのものがクリアーになるようなこともあります。任意の整理のメリットは、自己破産と違ってある部分だけの負債のみを整理することが可能なため、他に連帯保証人が関連する借入金を除き手続きをしていく場合や住宅ローン以外だけを手続きをしていく際なども使うことができますし、築き上げてきた資産を手放す義務はないので住宅などの自分の資産を所有していて、手放してしまいたくない場合にも活用可能な債務整理の手続きです。ただし、今後の返済に必要な額と実現可能な手取り額を比較し、おおむね返済が見通せるようなら任意による整理の処理を進めることは問題ありませんが破産手続きとは違い借金そのものがクリアーになるわけではありませんので、元金の額が巨額な状況の場合、残念ながら任意整理による手続きを実行するのは容易ではないと考えるのが無難でしょう。

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.