.

月刊誌のチラシ、ゴシップ新聞、電柱に貼られた宣伝広告や郵便広告などで「借金の整頓いたします」「借金を一括化しましょう」と書かれた宣伝を見かけることがありますよね。そのようなものは、「片付け屋」「買取業者」「紹介屋」という名称の業者の広告のときもあります。これらを利用した場合は破産申請プロセスの中で最も大切な免責承認を受けられない恐れも存在します。「整頓人」というのはダイレクトメールなどで借金のある人を呼び出し料金を請求して整頓を行いますが、実際のところ借金整理は行われないまま、当人はより借金地獄に落ちる失敗がほぼ全部と予想されます。「買取専門屋」では、負債人の分割払いで、家電、電車の券を大量に買わせて、負債者からそれらの物品を値段の20%や半値で買い直すという手口をとっています。負債人は一時は金がもらえますがクレジット業者による品物の売値の返済請求が届き、結局は負債を増やすことになってしまいます。このケースだとクレジット会社へ詐欺行為ということになり免責承認をもらえません。「紹介者」では、大企業の貸金から貸してもらえなくなった負債人に直接的な提供は全くせずに、融通をする店を教え、高額な費用を請求する企業です。紹介者は自らの手引きで融通が受けられたように報告しますが、現実は特に何もせず、単純に規程のゆるめのルートを伝えているというだけです。この場合でも結局のところ負債を拡大させるだけです。

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.