.

破産申請における手順においては、申し立て者はまず申立書を申請する人の住居地を担う地方裁判所へ届け出ることとなります。申請者からの申立書類があると地裁は自己破産申立の認可をしなければいけない事由があるか否かなどを調べることになり、審議の完了したとき申請者に返済不可能の状況などの必要な条件が備わっているのなら、自己破産の決定がなされるというわけです。けれど、破産申請の決定があったとしてもそれのみですと借入が免除になったことになりません。さらに免責の承認をもらう必要があります。免責というのは自己破産申立の手続きにおいて返済することが難しい申請者の借入については法律が責任を免除するということです。つまりは負債額を帳消しにすることです。免責についても承認の時と似ていて地方裁判所で判定がなされ審議の末に、免責の許可が得られ、破産者は借金から免れることになり債務額は消滅となって、結果としてローンやクレジット支払いが使用できなくなることを除いて、自己破産認定者にもたらされる不利益から免れるのです。ここで、免責不許諾(返済をゼロにはさせない)の決定がされると返済義務と破産者へもたらされる困難は解消されないままになってしまうのです。破産に関する法律の免責制は止むを得ない原因で負債を負ってしまい、苦境に立たされている方々を救い出すために作られたシステムです。ですから資産を隠して自己破産の進行をしたりして、裁判官にあて不正な申立書を提出するなどのシステムを不正使用する人間や、賭けやショッピングなどの無駄遣いによって負債を抱えてしまった人の場合破産の申立てプロセスを削除したり免責が不許可となります。法律によれば、免責の許諾を受ける資格が無い事例を先に取り上げた状態の他にも数例用意されており、それについては免責不許可の理由と表現します。

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.