.

新聞のチラシ、ゴシップ新聞、電信柱にあるビラや郵便広告で「負債の整頓やります」「多重負債を一括化したいと思ったら」などといった宣伝を読むことがしばしばです。これらは、「整頓屋」「買取業者」「紹介者」という通称の会社の嘘広告のときがあります。こういったものを依頼したときには破産プロセスの中で最重要な免責認定を受けられなくなるパターンも存在します。「整理人」の場合は、ビラなどで負債者を集め、高額の費用を要求して負債整頓をしますけれど結局のところ整理は行われず、さらなる借金スパイラルに堕ちてしまう失敗がほぼすべてになります。「買取専門人」とは、依頼者のクレジットカードで電化用品、新幹線のチケットなどを仕入れさせ債務者から物品を購入額の30%〜額面半額で購入するというやり口のようです。借金者は瞬間的には金銭が懐に入りますがクレジット会社から購入物の督促が送られて来ることになり、現実には債務を増大させる結果になります。この場合、クレジットカード会社相手の犯罪行為ということになり免責許可を手に入れられなくなります。「紹介屋」とは人気の金融業者から借りられなくなった負債人へ、融資は全くせずに、資金提供をしてもらえる別な店を呼び出し、高すぎる経費を出させる悪徳業者です。つなぎ屋は高度なつなぎで資金提供可能になったというように話しますが現実は特に何もせず種は簡単で規程の甘いサービスを説明しているというだけです。この場合でも本当は負債額を拡大させる結末となります。

Copyright (c) 2000 www.oracleprofessionalnewsletter.com All Rights Reserved.